電話占いアクシア|霊感霊視占いに強く、当たると評判!

営業時間:10:00~19:00
サポートダイヤル電話番号

新着情報

2018-08-22 15:47 亡くなった家族のメッセージ 父から娘へ

みなさん、こんにちは!

お盆も過ぎ、日中はまだまだ暑い日が続いていますが

朝晩は涼しくなってきましたね。

皆さん、お元気に過ごされていますか?

 

今回はお盆にちなんで

亡くなった家族のメッセージ

というタイトルで書いていこうと思います。

 

数年前からお付き合いのある

大切なクライアント様のお話です。

彼女は独身でお付き合いをしている方は

妻子持ちの年上の男性でした。

その方との事をいつも話されていました。

何度か鑑定をしていると、

彼女は

「先生、今日は亡くなった父からのメッセージって

いただけることできますか?」

と依頼がありました。

お父様は彼女と私が知り合って

数か月後に病気で亡くなってしまいました。

彼女はうまくいかない恋愛と

お父様が亡くなってしまった悲しみ

でとても辛い現状にいました。

 ひょう

彼女のお父様と繋がって

メッセージを頂こうと思いましたが

お父様の声、存在さえも

感じることができなっかのです。

その時、私と繋がることを

拒絶されていると感じたくらいでした。

この時、彼女にお父様のメッセージを伝えることが

できませんでした。

 

それから数か月が過ぎ

お父様が亡くなって初めてのお盆の時

彼女から

「お父さんって私の事どう思っているんだろう・・・」

とお話がありました。

娘

お盆時ということもあって

もしかしたら繋がるかもしれないと思った私は

拒絶されるかもしれないことを覚悟し

お父様と繋がろうと試みました。

 

 

すると

前回とは違う感覚があり・・・

 

見えてきたものがありました。

 

それは

洞窟なのか、いや・・

どこか狭くて

真っ暗な場所

まるでお寺にあるおおきな鐘のなかに

閉じこもっているような感じでした。

その暗闇の中に

男性の姿、それも心配そうな顔をして

彼女の姿をみつめていました。

 父

その心配した姿を誰にもわからないように

身を隠しているようにも感じました。

 

この方がお父様に間違いない・・・

 

そう感じた私は、無理に話すことをせず

お父様の様子をみながら、感じたまま

彼女にみえたままのことをお伝えしました。

お父様は

無言のまま心配そうに彼女を見つめていましたが

彼女からでているマイナスなエネルギーを取り除いて

いたのです。

 

娘には幸せになってもらいたい・・・

 

お父様の強い願いとエネルギーを感じました。

 

そのことを彼女に伝えると

彼女は「父らしいです」と

涙ながらに答えました。

 

父は口数が少なく、

余計な事を言わない人。

いつも家族の事を一番に考え

働いてくれていたと

お父様の事を教えてくれました。

 娘1

 

それからの彼女は

自分の幸せについて考えるようになったといいます。

彼といるときは幸せだけど

離れたときの寂しさや不安が彼女の悩みの一つでした。

 

このままでいいのかな・・・

そう考え始めたとき、

彼との関係性が終わる出来事が起こりました。

 

これはお父様が

彼女の苦しみや寂しさを取り除いて、

お前は幸せになるんだ・・・。

と背中を押してくれたのかもしれませんね。

 

亡くなった家族は

生きている家族の幸せを願っています。

 

 

 

 

電話占いアクシア美亜でした。

美亜先生の詳しいプロフィールはこちら