電話占いアクシア|霊感霊視占いに強く、当たると評判!

営業時間:10:00~19:00
サポートダイヤル電話番号

新着情報

2019-02-04 20:48 「鬼は外、福はうち」昨日は節分楽しみましたか?

 

皆さん、こんにちは。

今日は立春、春の気配が訪れる頃

とはいえ、まだまだ毎日寒い日が続いています。

体調などくずされていませんか?

 

2019年、今年の節分は2月3日です。

「節分」とは文字通り「季節を分ける」という意味で

各季節の始まりの日の前日のこと。

季節の始まる日は1年間に4回決められていて

春は立春、夏は立夏、秋は立秋、冬は立冬と呼ばれています。

今年の立春は2月4日

だから、その前の日の2月3日が節分 というわけです。

 

古来、季節の変わり目には邪気(じゃき)=病気などを起こす悪い気

が生じると考えられており

節分には、それを追い払い福を招き入れるための行事が行われてきました。

「豆まき」「恵方巻き」「柊鰯(ひいらぎいわし)」

これらはすべて、厄を除け運を引き寄せるためのものなのです。

 

c8138f6f2e5a2581e0ea0fd4da2e1cda_s

豆まきは、一般的に「鬼は外、福は内」と声に出しながら

福豆(煎り大豆)をまき、終わったら自分の年齢と同じ数だけ豆を食べます。

では、豆をまく時の掛け声

違う言葉を使っている所があることはご存知ですか?

 

例えば、東京の浅草寺

観音様の前に鬼はいない ということから

「千秋万歳福は内(せんしゅうばんざいふくはうち)」

 

千葉県、成田山新勝寺

不動明王の前では鬼さえ改心するため鬼などいない という理由から

「福は内、福は内」

 

福島県、旧二本松藩領内(藩主は丹羽氏)

「鬼は外」だと「お丹羽 外」と聞こえてしまうので

「鬼、外、鬼、外」

 

群馬県、鬼石(おにし)地区

鬼が投げた石でできた町 という由来があるこの地域では

「鬼は内、福は内」

鬼を祀っている神社がある地域や、鬼に救われた伝説のある地域でも

この掛け声が使われているそうです。

 1264039

 

いろいろな掛け声には、それぞれ由来があるんですね。

地域によって違いはあっても、無病息災を願う気持ちは皆一緒。

昔から変わらずに受け継がれている節分の伝統行事

ここしばらくご無沙汰していましたが

今年は私も楽しんでみましたよ。

 

 

電話占いアクシア 桜珠(おうじゅ) でした。

 

桜珠先生の詳しいプロフィールはこちら