電話占いアクシア|霊感霊視占いに強く、当たると評判!

営業時間:10:00~19:00
サポートダイヤル電話番号

占い師の日常

2018-10-26 11:00 秋の夜長に観るセピア色の世界
ko-to

皆様、こんにちは。

10月も下旬に入りましたね。

日が落ちるのも、早くなりこれからの季節は

夜が長くなります。

秋の夜長に想う事は、
賑やかな夏が去って
黄昏のイメージから入るこの時季
必ずといって古い映画、洋画が観たくなります。
 
sepisepi
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私がまだ生まれていない時代
その中にみえる時代背景
人の価値観そしてロマンス、
何回も何回も繰り返して
観てきた映画は数多くあります。
 
何故か物哀しく感じる
この時季だからでしょうか。
 
学生時代から
その頃はビデオでしたけど
借りて来て観終わった後、
ふぅっと 柔らかなため息が出るときもあれば、
切なさや悲しさの余韻が後を引く日もあります。
 
この秋はその中でもビビアン リーという
女優さんの映画をまた観たくなって、
何本か借りてきて 繰り返し観ています。
 
sepi
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これは冗談ということではなく、
ビビアン リーの・哀愁・という作品を観ていて
切なくて切なくて、
今秋も又 その哀愁に浸ってしまいました。
 
セピア色の映画を
想い起こすことが多くなるこの季節は、
私にとって自分が女性であることを改めて
しっかりと意識させてくれます。
 
ko-to
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
他の名画も元より、
この・哀愁・の中のビビアン リーは
美しさは勿論のこと 気品漂う立ち振る舞い、
しっとりとした柔らかい女性らしさ、
我がままさえも似合ってしまう。
 
ビビアン・リーが
素敵にみえてしまうところ全てが
私自身、女性として
自分に恥ずかしくないかを再確認させてくれます。

まだ 秋は続きます。

セピア色に浸りながら 秋の夜長を楽しみたいと思います。

電話占いアクシア 美亜でした。

美亜先生の詳しいプロフィールはこちら