電話占いアクシア|霊感霊視占いに強く、当たると評判!

営業時間:10:00~19:00
サポートダイヤル電話番号

アルカス

2017-01-06 07:57 アルカス先生のブログ~「アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏の今後」その3
hand-1492256_640

明けましておめでとうございますアルカスです。
いつも当ブログをご覧いただいている皆様、鑑定をご利用いただいている皆様には大変お世話になっております。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

第45代アメリカ大統領就任まであと僅かとなった(就任式は現地時間2017年1月20日)ドナルド・トランプ氏の誕生時の瞬間、太陽、月、および惑星はどこにあったかを調べ、黄道位置を書き込む配置図「ネイタルチャート」より、彼の性格、人となり、運命を読んでいこうと試みている記事が続いております。
年末年始で間隔が空いてしまい、大変申し訳ありません。もう暫くの間お付き合いいただきます。宜しくお願い致します。

ドナルド・トランプ氏 生年月日時1946年6月14日 10:54EDT(東部夏時間。但し9:51説もある模様)
ニューヨーク生まれ

tt


10. 太陽(双子22.56度)セクスタイル 火星(獅子26.47度)

トランプ氏のネイタルチャートの第1室が獅子サインより始まっている事から、獅子の守護星・太陽はトランプ氏自身を表す星と考えます。 この太陽と4室および9室の支配サイン蠍および牡羊の守護星・火星との間には63.51度の距離があります。よってこの2つの星はほぼ60度の角度を作っていると見做し、セクスタイル(sextile:60度の意)という幸運の角度により、二星は連携していると考えます。

彼を表す太陽と、彼の父親および不動産、また宗教や外国を表す火星との連携は、まず彼が根っからの不動産屋さんであり、デベロッパー(開発業者)であることを表しています。土地を押さえ、でっかくて見栄えのする建物を作り、そこに多くの人を集めビジネスを多方面に展開する、という分野に能力を発揮する、と言うか人生が固定された人のチャートに見えます。

火星がいくつもの恒星と重なっていることも、その意味を強めているように見受けます。

父親からの影響や受けた教育がトランプ氏の全てを形作っている事は、もう言うまでもないでしょう。
コピーと言っても言い過ぎではないかもです。

 

11. 太陽(双子22.56度)オポジション 月(射手21.12度)

太陽と月、おそらく人の性格・人格のかなりの部分を語るであろう二つの星、がお互い正反対・対極(Opposite:向かい合う、反対側)のサインにあります。 太陽はふたご座に、月はいて座に、です。

よってトランプ氏はまだ完全では無いものの、ほぼ満月の時に生まれています。

更に難しいのは、太陽の傍にドラゴンヘッド、月の傍にドラゴンテイルがあることです。
ドラゴンヘッドは双子20.45度、ドラゴンテイルは射手20.45度です。月とドラゴンテイルは27分しか離れていません。

よって「月食」状態であると言えます。

そう、彼が生まれた1946年6月14日は皆既月食(Total Lunar Eclipse)が起こった日なのです。

皆既月食とは満月の月がどんどん欠けていき、遂には完全に欠け赤銅色の月が浮かぶという現象です。
実に幻想的な天体ショーの一つです。

彼が生まれた日の皆既月食はある資料によると、皆既食の始まりが17時53分、終わりが19時24分(いずれも協定世界時:utc)だそうで、91分も赤銅の月が見られたようですね。

ちなみにこの月食はアメリカ、北米では見られなかったようです。ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、アフリカの殆どで、南米の半分くらいで観測できたようです。

 

この太陽と月が向き合い、さらに月食が起こった日に生まれたトランプ氏の内面とは…
すみません続きは次回に。
今回は「皆既月食の日に次期アメリカ大統領は生まれた」ということだけ、知っておいてください。

続きすぐにアップします。

 

アルカス