電話占いアクシア|霊感霊視占いに強く、当たると評判!

営業時間:10:00~19:00
サポートダイヤル電話番号

アルカス

2019-08-31 03:10 失くし物ホラリー占星術(仮題):28年前無くなったお人形さんの行方その21
3692d2fe4b38b1f337dfa131edf7ce65_m

はい、おはこんばんちは。アルカスです。いつも大変お世話になっております。今回も当記事へのご訪問をいただきまして誠にありがとうございます。

 

連載21回目でございます。お付き合いいただきまして本当にありがとうございます。28年前、実家の引っ越し最中、忽然と消えてしまったお雛様人形二体とサイクリングユッコちゃんの行方を捜すようお客様よりご依頼を受け、立てたホラリーチャート解読連載、前回で20回まで到達いたしましたので、一体その間どの辺まで占星術による捜査は進んだのが、ざっと途中経過をまとめてみるところから始めさせていただきます。

チャート図は以下の通りです。

 

「私のお人形さん達は誰が何処に持って行ってしまったのでしょう」2018.5.21 17:08

where'smydoll

 

1. ご質問者を表す星は火星です。1室のロードだからです。3室水瓶1.56度にあります。

2. 盗まれた物、二体の雛人形と一体のサイクリングユッコちゃんを表す星は木星です。木星は2室のロードだからです。1室蠍16.55度を逆行中です。

3. 盗んだかもしくは何らか事情を知っている人物を表す星は月もしくは金星です。月はアングルハウス在ペレグリン。金星は7室のロードだからです。月は10室獅子19.33度、金星は蟹2.09度8もしくは9室にそれぞれあります。

4. おそらく紛失物は盗まれています。月は2室のロード木星とクォドレイト(スクエア)後分離しているから。

5. 容疑者は中年。7室のロード金星がMCから7室カスプまでの間にあるから。金星は土星とのオポジション・アスペクトに向かっており、40代後半か。

6. 容疑者は女性。容疑者を表す月と金星はいずれも女性の星だから。

7. 単独犯の犯行。月はフィクスド・サイン&ロング・アセンション獅子在だから。

8. 犯人の名前は「エリ」。7室のロード金星と土星のアスペクトは犯人が「イザベル」という名前である事を暗示。イザベルはフランス語圏の女性名。英語圏ではエリザベス。なので日本語だと「エリ」。強引?(笑)しかし質問者と犯人の名前は同じ文字数である場合が多い。今回のご質問者の名前も二文字。

9. 容疑者はご質問者の近所に住む人物。7室のロード金星がアセンダントにトラインしているから。また1室のロード火星の在サイン・風のトリプリシティに太陽があるのも、犯人が隣人を表す暗示です。

10. 容疑者はご質問者がよく知っている人物。1室のロード火星に太陽がトライン。

11. 容疑者は宗教関係者。月は9室のロード、7室のロード金星は9室カスプに6度接近。

12. ご質問者のご自宅から盗難品のある場所までの距離は約59kmから60kmの間位。計算式は簡単ですが面倒なので「28年前無くなったお人形さんの行方その15」を参照してください。

13. ご質問者の自宅から容疑者の家までの距離は約40km。計算式はこれも簡単ですが長くなるので「28年前無くなったお人形さんの行方その16」を読んでください。

14. 容疑者は北西もしくは北北西に逃げた模様。時間のロード火星の位置より。「その20」をご参照ください。

15. 盗難品は北か南方面にある。月と金星が示す方角がサインとハウスでは真逆ではっきりせず。「その17,18,19」をご覧くださいませ。

16. 容疑者の家は土手下か道路より下。玄関には傷がついている。獅子の月より。

****************************

とこの辺くらいまで進んだ感じです。ここまで来るのも私には結構骨でしたが。

 

さて続きまして、盗まれたお人形さん達は盗んでいった人物が今も保管しているか、ちゃんと持っているかどうかを、17世紀イギリスが生んだ大占星術師ウィリアム・リリーの西洋占星術史に残る名著「クリスチャン・アストロロジー(Christian astrology略してCA)」の349ページ31行目からの項より、紐解いていきましょう。

P349 31行目

「品物は盗人が持っているのかどうか:盗人もしくは盗人グループの表示星に注目です。もし彼もしくは彼らを示す惑星が彼らの力を他の惑星に渡しているのなら、盗まれた物は犯人の保護下にありません。他の惑星に彼らの力を送っていなければ、品物は盗人の監視下にあります。」

まあもったいぶって「give their power to another planet」という書き方をしていますが、連載記事その17で紹介いたしましたCA P347  1行目に出てくる「render his power」と同じ意味だと捉えています。つまり惑星Aが惑星Bにアスペクトする際、惑星Aの持つ力を惑星Bに譲渡する、という考え方ですね。

容疑者を表す7室のロード金星は土星にオポジション・アスペクトを取るべく接近しています。よって金星は土星に自身の力を渡しているとみなされ、既に人形は犯人の手を離れている可能性があると考えられます。

もう一つのアングル&ペレグリン惑星・月はどうでしょう。月はサイン内においてボイドです。が、サイン越えのアスペクトが無いかと問われると、あります。月が獅子サインを越え、乙女サインに入ったら、双子サイン在太陽とクォドレイト(スクエア)・アスペクトします。

何の因果か月の半オーブ12度にも届いています。太陽は。

月も犯人は品物を手放したと、述べているように見えるのですね。

そしてリリーは次にこんな一文を記しています。

CA P350 1行目

「盗人の表示星のタームのロードを見なさい。盗人の資産の状態を判断できます。もし凶星が吉星のタームを保持していたら、盗人はかつて不安定な経済状態だったが今は潤っています。吉星が凶星のタームを保持しているなら、上記と全く反対の意味を持ちます。」

?リリー先生、何でこんな文章を載せたのでしょうか。盗んだ物を売ってしまっているかどうかを判断するのにこんな見方もあるよと教えたかったのでしょうか。若干先生の意図を読みにくいですね。

ちなみに本チャートの場合、月と金星いずれも吉星と呼ばれます。月のタームは木星、金星のタームは火星。金星だけ見るのならば、昔は良かったけど、今はなあ…みたいな感じでしょうか。

売ってお金は入ったけど、使っちゃったみたいな状況なのでしょうか…

いずれにしましても、犯人は持って行った人形を売るか交換するかしたので、もう(犯人は女性と見立てておりますので)彼女の手元にはないような気がします。

 

前述の過去記事において読んでいった様々な事柄、1-16の中の15番目、

「15. 盗難品は北か南方面にある。月と金星が示す方角がサインとハウスでは真逆ではっきりせず。」

この件は宿題になっていましたね。結局お人形さん達はどちら方面にあるんだと。

月は獅子サインで東北東、10室在で南。この場合サインを中心としてハウスで補正するやり方が通常です。

よって東北東を軸に南方面に寄せると東南東あたりとなりましょうか。

金星は蟹サインで真北。9室とすると南南西です。

よって北を軸に西方面から南南西に寄せると西北西になります。

東南東と南南西ってやっぱり真逆なんですよね。。どうしたものか。。

ひょっとしてばらけた?お雛様とサイクリングユッコちゃんはそれぞれ別方面に売られていった、とか?一方は東方向、もう一方は西方面、とか。。?

 

あまりクエッションマークの多用はよろしくないですね。日本語の文章ですからね。

しかしお雛様とユッコちゃん、ジャンル的には違いますので、別々のルートに乗ったとしても不思議無し。

色々想像を膨らませつつ、次回に続きます。

 

 

アルカス