その他

2017-09-20 11:00 一葉先生のブログ~「大好きだった祖母の最後の手紙~自分の人生は幸せだった~」
蝶

こんにちは。

電話占いアクシアの一葉です。




この夏

今年で89歳になる私の祖母が 亡くなりました。

おばあちゃん

私は初孫で同居をしていたので、

とても可愛がってもらっていました。

 

母に怒られると

すぐに祖母に助けを求めに

行っていたのを覚えています。

 


そんな祖母が亡くなり、思っていた以上に悲しく

自分でもびっくりしました。




亡くなる前日、

もう危ないかもと聞かされ

慌てて祖母のところへ行きました。

 

その時

祖母は苦しそうで、見ていて涙が出ましたが、

母が席を外し、少し経つと

急に祖母は笑顔で誰かに手を振ったのです。

 

天国から誰か会いに来たのです。

びっくりしましたが、とても素敵な笑顔でした。



その日の夜

私は、何故か悲しくて悲しくて

涙がとまらず、なかなか寝付けませんでした。

 

おばあちゃん2


そして、その数時間後の明け方

祖母は息を引き取りました。




亡くなった後、見つかったのですが・・・


祖母が、亡くなる15年ほど前・・

まだ、元気で認知症を患う前に

書いたと思われる遺書が見つかりました。

 

生まれてきた事 

祖父と出会ったことへの感謝 

自分の人生は幸せだったこと 

そして残された家族が幸せでいてほしい


書かれていました。



私は、

この何年か認知症になり歩けなくなった

祖母がかわいそうでした。

 

「祖母の人生は本当に幸せだったのか・・・」

 

そんなことばかり考えていたのです。

 


ですが、その遺書には    、、   

祖母は   「自分は幸せだったと・・・・」

 


私はそれなら本当に良かったと思い

また、涙が止まらなくなりました。

 


そして、そんな気持ちで

人生を振り返れる祖母は素晴らしいと思いました。




葬儀の後、

十年以上の間、ずっと祖母の介護をしていた

母の周りを 一匹の蝶がクルクルと回って飛んで行きました。

 

蝶


それは、おばぁちゃんでした。


「ありがとう!」と伝えに来たのです。



先日、四十九日の法要も無事に終わりました。

 

その時もまた、
わたしの前を 一匹の蝶がヒラヒラと飛んで行きました。

 

あっ、

おばぁちゃん!


「おばぁちゃん・・・・

      また会いたいよ・・・・・」

 

と心の中でおばあちゃんとお話しました。





しんみりとしたお話になってしまいました(^^;;
最後まで読んで頂き、ありがとうございます

 

占い師一葉でした。

 

一葉先生の詳しいプロフィールはこちら