電話占いアクシア|霊感霊視占いに強く、当たると評判!

営業時間:10:00~19:00
サポートダイヤル電話番号

その他

2020-03-17 13:40 桜珠先生のブログ〜世の中がこんな状況なので
fec64e3f50d1683abbdc95e6a67e20cf_s

 皆さん、こんにちは。

 

連日、新型コロナウイルス感染症のニュースが報道されています。

新聞を読んでも、テレビを見てもその話題ばかり。

「〇〇県で感染者確認」「△△でクラスター(感染者の集団)発生」

「陰性確認後に再び陽性」「マスクが買えない、トイレットペーパーが足りない」

毎日毎日、緊張を強いられるような感じ、心がザワザワする感じ

何だか落ち着かない気持ちになっている方も多いのではないでしょうか?

 

5e3c5f709cd55647f4089cd8c04817af_s

 

確かに、新型コロナウイルスは我々にとって未知のウイルス。

新しいもの、知らないものに対して恐怖を覚えるのは当然のことです。

でも、むやみやたらと恐れたり、過剰に反応するのは間違い。

必要なのは、「正しく怖がる」ことなのです。

 

新型コロナウイルスに対する予防策は

・こまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗うこと

・人込みの多い場所を避けること

・発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休むこと

(厚生労働省 ホームページより抜粋)

ca40baa33ff9a322c15bc918bd8cd431_s

 

この基本を守りつつ、その時々に相応しい行動をとっていれば

それほど恐れることはないはずです。

そうは言っても、

・実は、オリンピック開催のために感染者数をごまかしてるんでしょう?

・実は、ウイルスは自然発生じゃなくて生物兵器なんだってね

・実は、感染者が急に倒れて意識を失う動画を見ちゃった

・実は、これからもっと紙類が不足するから買いだめしないと

何だか嫌な話も、耳に入ってきますよね。

 

こういう状況のときは、嘘やデマに惑わされないことが何より大切です。

根拠のない噂話を鵜呑みにしないこと。

そして、それを拡散しないこと。

厚生労働省のホームぺージには、日々新しい情報がアップされています。

「だって国が言うことなんて信用できないから」

という方がいらっしゃるかもしれません。

でも、自分が住んでいる国の公的機関が信用できないのに

匿名のSNS情報は信じられる って、矛盾していませんか?

テレビに出演しているお医者さんの発言でさえ、

他の医療者から否定的な意見が出ているものがあります。

そのお医者さんの個人的な考えなのか

キチンとした科学的根拠のある情報なのか

正直、素人の私たちが見極めるのは難しいことです。

医学論文を元にやさしく解説・発信してくれる医療アカウントも有るので、

上手に利用するのも良いかもしれませんね。

00d51f678e77c120489e68ea19cbd822_s

 

今我々が戦っているのはウイルスです。

誰かをやっつければ解決する問題ではありません。

感染者の個人情報を必要以上に探ったり

患者さんに関わる人たちや特定の国を差別するのは

意味のないこと。

ドラッグストアの店員さんを怒鳴りつけても

マスクが出てくるはずもなし、

若者vs高齢者で争ってもウイルスは消えてなくなりません。

心がささくれ立っている時は、どうしても攻撃的になりがちです。

怒りの前に、いったん深呼吸して落ち着きましょう。

 

それでも、何が本当で何が嘘なのか混乱してしまったら

不安で心配でたまらなくなってしまったら

しばらくテレビやSNSから離れることをお薦めします。

好きな音楽を聞いたり、お気に入りのDVDを見たり。

コンサートを中止にしたアーティストが動画を配信していたり

いつもは有料の番組を無料開放しているチャンネルも有ります。

外出を控えてお家にいる時間が増えるなら

この機会に趣味や勉強を頑張る というのはどうでしょうか。

徹底的に掃除したり、思い切って断捨離するのも良さそうです。

自分の心が落ち着くものを探してみてくださいね。

 

入学試験や卒業式が中止になってしまった方

旅行やイベントをキャンセルしなければならなかった方

お仕事に影響が出ている方

そして、実際に体調をくずされている方

ツラく悲しい思いをしている方がたくさんいらっしゃることと思います。

今は苦しい時ですが、何とか踏ん張ってこの苦境を乗り超えていきましょう。

きっとできるはず!

573bc1ebe35f8bda4e31fd857ca290ce_s

 

どうか、一日も早く元通りの穏やかな日常が戻りますように。

 

電話占いアクシア 桜珠(おうじゅ)でした。

 

桜珠(おうじゅ)先生の詳しいプロフィールはこちら