電話占いアクシア|霊感霊視占いに強く、当たると評判!

営業時間:10:00~19:00
サポートダイヤル電話番号

その他

2018-11-11 11:00 因縁のある霊障の防ぎ方
026horror0523_TP_V11

因縁のある霊障の防ぎ方

 

 naganoharaFTHG3179_TP_V1[1]

 

こんにちわ、朱龍です。

 

前回は、霊感が強いがために受けてしまう、

いわれのない霊障について、自分でできる簡単な払い方を

お話ししましたが、今回は、因果関係のある霊障例について、

話させて頂きます。

 

 

何故自分なのかを突き止める

 

前回は、不特定多数の、いわば誰でもかまわない人への

メッセージ(霊障)まで受けてしまう方の話をしました。

 

異界からのメッセージなど、誰にとっても

気味悪く受けたくないものですが、

霊からのメッセージが、

他ならない貴女だからこそへの

ものだったとすれば、できれば、

受け止めてあげることも大切です。

 

自分だけでは解決できない事で、

時空を超えて苦しみ続けている浮かばれない霊が、

貴女を見込んで頼っておられる場合もあります。

 

自分と因縁のある霊は、血縁や前世に関することが多いので、

できることなら今生のよしみで何故「私」なのかを

さぐりだし、浄化させてあげるにこしたことはありません。

 

ただ、恐怖しか感じない人や、

自分自身が心を病んでいる時は

縁のある僧侶や、神官のような方に相談されたほうが安全です。

 

いずれにしろ、中途半端な気持ちで取り組まないことです。

 

皆さんは、霊は祟るものとばかり考えておられる方が多い

でしょうが、祖先の霊などは、陰になり日向になって、

貴女を守りかばってくださっています。

 

と同時に、祖先が起こした悪事や事件が、

因縁のある貴女を脅かすこともあります。

 

悪意であれ、無意識であれ、

かつて有縁な人が起こしてきたこと

すべてが「今」につながり、訳も分からず

怨みをかうこともあれば、事故につながる事さえあります。

 

では、どんな時に「つながる」のでしょう。

はっきりわかっていることは、貴女の考えや行動が

ネガティブな時です。

 

自分がやってしまった失敗を、他人のせいにする。

自分の行動を正当化するために、他人を見下げる。

怨み・嫉妬・妬みなど、他人と自分を不当に比較する。

殺してやりたいとか、死んでしまえばいいと、他人を呪う。

自分自身を呪い、自殺したいという想いからはなれられない。

・・・・など、とてもネガティブなことを願う時です。

 

そんな状態の時は、普段自分の中に埋もれている

マイナスのオーラが一気に放出されて、

因縁のある霊だけではなく低俗な不純霊までが、

貴女の中に入り込んでしまいます。

 

 

因果関係のある霊との対話

 

 026horror0523_TP_V1[1]

  

過去の経験から、因果関係のある霊との対話について

わかりやすい一例をあげておきましょう。

 

随分前のことですが、会社の同僚(女性)の部屋に

飲み会をしようと、仲のいい友達7人で遊びに出かけた時です。

 

鍋の用意で、みんながテーブルに集まっているとき、

突然、玄関の天井から、音がするほど水が落ちてきたのです。

 

 

皆がみんな、何が起こったかわからず、

あっけに取られていました。

でも、やはり水は音がするほど流れてくるので、ほっておけず、

皆が立ち上がって、バケツやら雑巾やらを持ち出して、

ビショビショになった床をふきはじめました。

 

そうこうするうちに、ピタッと水はとまり、

「何だったの????」ということに。

 

上の階の人が何かしたのでは・・・ということで、

誰かが「上の人に文句を言ってくる!」となった時、

その部屋の住人である彼女が口を開いたのです。

 

「いいの。どこにいっても、私が住むと、こうだから。」と。

 

彼女は、某県からひとり引っ越してきたのですが、

地下鉄では、雑踏のなか、鎧兜の武者が視えたり、

事務所の地下室にはいると、うめき声が聞こえてきたり、

何処に引っ越しても天井から水が落ちてくるなど

異変が続くということでした。

 

 

びっくりはしましたが、今の今不思議な体験をした私達は、

彼女の話を信じるしかありませんでした。

 

その頃から、私は職業とはしていませんでしたが、

人の霊と対峙することをしていましたので、

彼女と問答しながら、見えないものを手繰るように

解決策を見出していきました。

 

 

5代ほど前の彼女の実家は今のように果樹園もなく、

人家もなく、雑木林がせりたった原野でした。

そこに、手負いの落ち武者のような男がふたり、

お互いを支えるようにして、ちょうど今の彼女の家の前あたりで、

このまま生き延びる術もなく、互いに折り重なるようにして自刃

しました。

 

ここまでは私の霊視です。

地図を照らし合わせその土地の記憶をたどりました。

 

遺体は朽ち果て、月日が流れ、大正時代の後期頃、

人の手が加わり山は切り開かれ、畑を作る人が集まってきて、

集落をつくり始めたようです。

 

彼女の祖先となる人も、他県から引っ越してきて

家屋建て、結婚し子供をもうけました。

周辺も初めは畑でしたが、徐々に果樹園になり、

その間何回も代替わりがありました。

 

ちょうど、彼女の曽祖父の頃、玄関のトビラの横に

大きな水がめを置かれたようです。

彼女が生まれた時から、その水がめはそこにあり、金魚などを

飼っていた記憶があるということでした。

 

私が霊視で、家の玄関横に水がめがある・・と言った時

彼女は飛び上がらんばかりにびっくりしたのを覚えています。

 

結果からいうと、水がめは、丁度以前自刃した

落ち武者の朽ち果てた遺体の上にのせられたようです。

 

霊視中、敵に首を切られる前に自刃した二人の落ち武者は、

ひりひりするほどの、のどの渇きを感じていたのも伝わってきました。

 

ただ、水も一滴さえ望めないまま、死して月日を重ねた後、

満々と水をたたえた水がめが、彼らの頭上に置かれたのは、

なんとも、皮肉な悲惨な事実だったことだと思います。

 

 

さらに、彼女の数代前の前世にその地を昔から納めていた

国主の血をひく人がいることもわかりました。

霊視している間、彼女にかさなるように鎧兜を身に着けた

威厳のある老武者の姿と旗印が見えたのです。

 

私は彼女にそれらのことを伝え、実家に帰って両親と相談のうえ

玄関横の水がめの位置を変え、その地を浄化することを勧めました。

 

彼女の家は、神道でしたので、近くの産土神社の神主を頼み、

その地を大量の水で清めた後、白石を敷き詰めたと聞いています。

 

 

何故、メッセージをうけてしまったか?

 

 20140613-P6130019_TP_V1[1]

 

うそのような、本当の話です。

 

何故彼女がそんな霊障を受け続けたのか、

しっかりとした因果関係があったことがわかったのです。

 

彼女の家族に何もおこらなかったのは、その人達に

メッセージを受け取るだけの霊感がなかっただけでなく、

現世では家族でも前世はそれぞれ違って、彼女だけが、

この地につながる因縁をもって生まれたからともいえるでしょう。

 

そしてなにより、彼女が選ばれたのは、

彼女自身の霊感が人並み外れて鋭かったことと

その時期、彼女は仕事や家族、恋人の狭間で閉塞し、

苦しくて自傷行為を繰り返していたということも明かしてくれました。

 

 

死に対峙したその緊迫した心情が、時空を超えて、

かつて、無残にも自刃せざるおえないかった落ち武者の魂と

激しく引き合ったのかもしれません。

 

 

後日談になりますが、その後、彼女はどこに引っ越しても、

ホルターガイストのような物理的な変異もなく、霊障も消え

バリバリと目標に向かって仕事をこなしています。

 

男性顔負けのバイタリティーは、まるで武者のようです(笑)

 

霊障と一口にいっても、色々なケースがあるので、

これからも時々、お話しさせて頂きたいと思います。

 

PPW_bukiminiwaraunoumen_TP_V1[1]

  

また、ご相談は電話にてお待ちしておりますね。

 

朱龍。

 

朱龍先生の詳しいプロフィールはこちら