電話占いアクシア|霊感霊視占いに強く、当たると評判!

営業時間:10:00~19:00
サポートダイヤル電話番号

Ugetsu

2019-03-03 11:00 お雛さまに願いを
978510279a1673c2f8ba00d448700672_s

皆様、こんにちは。

少しづつ春めいた陽気にウキウキする今日この頃。

ご機嫌麗しくお過ごしでしょうか?

 

hinamatsuri-1235341_1920

 

あっという間に3月、お雛祭りですね。

最近は7段飾りが億劫で

押入れの奥に眠ったままでございますが、

それでも小さな雛飾りや豆雛を見つけると、

ついつい手を出してほっこり気分に浸っております。

 

978510279a1673c2f8ba00d448700672_s

 

雛祭りといえば、

女の子の健やかな成長を願う行事ですが、

私が幼い頃に祖母に言い聞かされていたのは、

お人形が身代わりになって厄災を引き受けてくれる。

だからお嫁に行くまで大切にしなくてはいけない。と。

 

japan-616246_1920

 

確かに、雛祭りの由来は、

中国から伝わる上巳の節句で、

藁で作った人形(ひとがた)で体を撫で、

穢れを移して川に流すという風習から。

そこに当時の貴族階級女子のおままごと遊び、

紙のお人形のひいな遊びが結びついたもの。

そして流し雛の風習が生まれました。

江戸時代になりお人形作りが発展して

流すものから飾るものへと変化したようでございます。

 

sink-chicks-1256657_1920

 

桃の花を飾ることにも意味があり、

桃は古代から魔除けや長寿の力があり、

縁起のいいものとされていました。

桃の花のお酒を飲み、

桃の葉のお風呂に入り邪気を払う。

旧暦では桃の花の咲く時期と重なることもあり

桃の節句といわれるようになったそうです。

 

spring-804533_1920

 

菱餅の色にも

赤は魔除け、白は清浄、緑は健康を

願う意味が込められています。

 

蛤のお椀には、

蛤が対になった貝しか蝶番が絶対に合わない。

ということから、

生涯一人の人と添い遂げる。といった

親の願いが込められていたようでございます。

結婚が娘の幸せを左右する時代でしたからね。

 

結婚だけが幸せの形ではない。

という現代においても、

親は子供の幸せを願ってやまないものでございます。

 

c63dfe5333665c7d57db105ceea754b4_l

 

皆様の心の平安を願って、

益々のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

 

電話占いアクシアのUgetsuでした。

 

Ugetsu先生の詳しいプロフィールはこちら